歯周病とインプラント

インプラント治療では顎骨にインプラント体を埋め込み、顎骨とインプラント体を一体化させることになります。そのため、顎骨の骨が十分にないと治療ができなくなります。歯周病は、細菌の感染により引き起こされる炎症です。歯と歯肉の境目が清潔に保たれていないと、多くの細菌が繁殖し、歯肉の周辺が炎症を起こし、赤みを帯びたり、腫れたりします。更に、症状が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、更には、歯を支える歯槽骨が溶けて、歯が固定されず動くようになり、最後は抜歯をしなければならなくなります。歯が抜けると、その部分の骨は退縮してしまうため、顎の骨が十分でないと、安定性、安全性に加えて、機能性や審美性にも支障が出てきます。 インプラント治療においては、インプラント体を埋める骨がなくなるという事になるため、インプラント治療を行う前に歯周病治療を行う必要があると言えます。アメリカにおいては、インプラント治療は、歯周病の専門医が行うべきだという
考えがある程、インプラント治療と歯周病には密接な関係性があります。顎の骨量が満足できる程ない場合、骨の移植や再生療法を施すことにより、インプラント治療が可能となるケースがあります。
この様に、インプラント治療においては、インプラント手術自体も高度なスキルを必要としますが、患者の状態を把握し、歯周病治療や再生療法など、適切な治療を事前に行うなどの知識や経験も歯医者に求められます。これらの治療を事前に行う事で、インプラント治療自体の成功率も高くなります。従って、様々な治療が行える設備を備えた歯医者のもとで治療を受けることをお勧めします。例えば、京都においてインプラントの治療や歯周病治療なとの実績が豊富な歯医者として、四条烏丸グリーン歯科があります。四条烏丸グリーン歯科は京都の歯医者の中でも、インプラントセンターを併設するなど最新設備を備えた歯医者です。また、治療前のカウンセリングも充実しており、患者の状態を十分に把握した上で、治療を行います。インプラント治療を考えている方は、治療実績や最新の設備並びに、カウンセリングやアフターケアまでの体制が整った歯医者を選ぶ事が大切です。ホームページやパンフレットで歯医者の治療実績を確認する、または、直接病院に問い合わせをしたり、医師のカウンセリングを受診してみるなどして、自分に最適な歯医者を探してインプラント治療に臨みましょう。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス