インプラントの通院頻度

インプラントはブリッジや入れ歯など従来の治療方法に比べても様々なメリットがあるので、京都の歯医者でも多くの方が治療を選択しています。インプラントは入れ歯のように咀嚼力の低下もほとんど無く、ほぼこれまで通りの生活が可能で、さらに見た目も美しく前歯など目立つ箇所でも違和感なく装着することが出来ます。
しかし、京都の歯医者でもよく寄せられる相談ですが、インプラントは非常に複雑な工程が必要な手術のため、治療期間や通院頻度がその他の治療に比べかなり長くなります。さらにこうした通院頻度は骨格の形状や治療方針によって大きく異なり、京都の歯医者では最短で半年程度長ければ一年以上というかなりの隔たりが存在します。ここではそんなインプラントの一般的な治療の流れと通院頻度について、京都の歯医者でのケースを元に解説していきます。
まず抜歯後にインプラントの治療を行うと予定した場合、どのような術法で行うか、またどのようなメーカーのインプラントを用いるかなど詳しく担当医とカウンセリングを行います。このカウンセリングは京都の歯医者だけでなく、ほぼ全てのクリニックで必要な治療工程として行われますが、後々のトラブルや後悔とならぬように、予算や通院期間など詳しく確認しておく必要があります。
しかし、ここで通院期間や予算を概算しても後の検査によっては大きく計画が変更される場合があります。インプラントは個々人の骨格の形状や残存する歯との関係により治療方法が全く異なります。例えばインプラントの本体を埋め込む骨が少ない場合には外科手術により骨を増やすという作業が必要になるので、当然予算も通院期間も大幅に変わってしまいます。
このようにカウンセリングを行った後CTスキャンなどで精密検査を行い、再度治療方針を確認するという作業が必要になるので、この段階でおよそ3回程度の通院が必要になります。そしてこの際に虫歯や歯周病などインプラントの手術を妨げるような症状が見つかった場合にはまずそれらを治療しなければならないので、重症度や本数などによりここでも通院頻度は増減します。
そしていよいよインプラントの手術を開始するのですが、京都の歯医者では主に一回法と二回法と呼ばれる手術に分けられます。それぞれ一回法は一回の手術、二回法は二回の手術を表しますが、こちらも感染症のリスクなどを考慮した上で決定されます。そして当然一回法よりも二回法の方が二回の外科手術を必要とするので通院頻度は増え、一回法ではおよそ2回程度の通院、そして二回法ではおよそ4回から5回程度トータルでの通院が必要になります。
京都の歯医者ではこの後も術後の調整、さらには将来的に半年に一回程度のメンテナンスなどの通院が必要になります。京都の歯医者で手術をお考えの方は将来的な通院のことも考慮した上で、通いやすいクリニックをお選び下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス