インプラントのメンテナンス

インプラントは第二の永久歯と呼ばれるほど非常に頑丈に出来ていますが、残念ながら全ての方が一生使い続けられる訳ではありません。京都の歯医者でも少なからず途中で交換など再度の手術が必要になることがありますが、これはインプラントの本体自体が寿命を迎えるという訳では無く、歯周病や炎症など日々のメンテナンスの不備が原因となることがほとんどです。ここでは京都の歯医者で行われているクリニックでのメンテナンスと自宅で行えるセルフメンテナンスについて解説していきます。
先ほどインプラントは第二の永久歯と書きましたが、これは当然メンテナンス次第になります。京都の歯医者でもよく見られ、インプラントを日常生活で使い続ける上での一番のリスクとしてはインプラント歯周炎が挙げられます。これは文字通り歯周炎なのですが、インプラントの複雑な形状の周囲に炎症が起きてしまう状態を指します。これは京都の歯医者でもよく見られる症状ですが、放置しておくとインプラントの土台を支える骨や歯茎が弱り、インプラントが突然抜け落ちたりすることもあります。京都の歯医者での治療例を見てもそうですが、こうしたインプラント歯周炎の主な原因は口腔内の歯垢がほとんどです。この歯垢は虫歯や歯周病ケアと同じく日々の歯磨きやフロスなどのプラークコントロールで行うことが出来るので、インプラントを装着している方は特に周辺部を念入りに行う必要があります。しかし、インプラントは健常な歯とは構造もリスクも異なるため、必ずクリニックによる検査を定期的に受ける必要があります。こうした検査は京都の歯医者でももちろん受けることが出来るので、出来ればインプラントの手術を行ったクリニックで定期的なメンテナンスを行って下さい。
そしてこのメンテナンスの際には残存するプラークや歯石のチェックだけでなく、レントゲンで骨の状態を確認することが大事です。インプラントは入れ歯やブリッジと異なり骨に土台を埋め込んでいますので、骨が痩せていたり脆くなっているとそのままインプラントに悪影響となってしまいます。
また京都の歯医者でもかみ合わせは重要なメンテナンスの一つです。インプラントには骨吸収と呼ばれる現象が起こることがありますが、これは骨の高さが年々低くなってしまうため、当然かみ合わせに影響を与えます。かみ合わせが悪くなればインプラントだけでなく残存する歯や全身の骨格にも悪影響を与えてしまうので、レントゲンなどによる精密検査が必須となります。
このように京都の歯医者では インプラントの治療後のメンテナンスを様々な角度から行っていますが、より長く健康に使っていく上では必ず必要になるので、ぜひ定期的なメンテナンスを心がけて下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス