どの状態だと骨造成が必要か

インプラントは骨の成長が止まった成人後なら若い方から高齢者まで幅広い年齢層の方に行えるので、京都の歯医者でも多くの方が現在進行形で治療を行われています。これまでの入れ歯やブリッジに比べてもはるかに審美性に優れ、咀嚼力などもほぼ健常な歯と遜色ないので非常に優秀な治療になるのですが、残念ながら全ての方がスムーズに治療を行える訳ではありません。
京都の歯医者でもよくあるケースですが、インプラントを行う際の事前検査の段階で手術が不可能だと判断される場合があります。しかし、そうした場合には事前にインプラントの手術が可能な環境を整えてから治療を開始するので、全く治療が不可能という訳ではありません。ここでは京都の歯医者でもよく行われる骨造成と呼ばれる治療について見ていきましょう。
インプラントはその他の入れ歯やブリッジと異なり骨にインプラントの本体を埋め込みます。そのため将来的にインプラントが固定されるために十分な骨の量や厚さが必要になります。しかし、京都の歯医者でもよく見られるのが歯周病や歯根の病巣が原因で歯を失った方の場合、インプラントに十分な骨が残っていないことがあります。さらに京都の歯医者では元々体質的に顎の骨が少ない方や、上顎の奥歯など骨の量がそもそも少ない場所などインプラントの治療が困難なケースがあります。こうした場合には前述の骨造成と呼ばれる治療を行うのですが、これは簡単に言うと足りない骨を新たに造り出すという作業になります。ガイデッド・ボーン・リジェネレーションと呼ばれる手術ですが、インプラントの手術を行う箇所に骨補填材と呼ばれる素材を注入することで、骨の形成を促すというものになります。この際に使用される骨補填材は牛の骨を使うものや自分の骨を移植するものなど様々ですが、京都の歯医者でもそれぞれのクリニックの方針で使用される骨補填材が異なります。最近京都の歯医者で主流となっているのが人工の骨補填材ですが、牛の骨や他人の骨を使うよりも感染のリスクが低く、さらに自分の骨を移植する必要がないので外科手術の負担も軽減されるなどメリットの多い手法になっています。骨補填材の注入後には数ヶ月骨が形成されるまで待つ必要がありますが、インプラントを将来的に長く安全に使用するためには必須となります。
このように骨造成はインプラントを行う上では非常に重要な工程になりますので、京都の歯医者で治療をお考えの際には事前にしっかりとカウンセリングで納得した上で治療を開始して下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス