インプラント周囲炎とは

チタンと骨の高い融和性が発見されて依頼、爆発的にインプラントの技術は発展しました。実際京都の歯医者でも多くのクリニックがインプラントの專門設備などを導入し、保険適用外にも関わらず多くの方が治療を行っています。
このように京都の歯医者でもインプラントが広く支持されている理由としては高い審美性や咀嚼力、さらには入れ歯でよく見られる異物感や痛みを避けるためなど様々な理由があります。またインプラントの大きなメリットとしてはその長い寿命も重大な意味を持ちます。インプラントは第二の永久歯と呼ばれるほど丈夫に出来ており、正しく使えば一生使い続ける事も可能です。実際京都の歯医者でも長年インプラントの施術実績がありますが、適切にメンテナンスを行った方は何十年も綺麗に使い続けています。
しかし、京都の歯医者でよく相談される事例にインプラント周囲炎というものがあります。これはインプラントならではの周囲炎なのですが、急激にインプラントの寿命を下げてしまうばかりでなく、残存する歯にも悪影響を与えてしまうので、これからインプラント手術を行う方も、既にインプラントを利用されている方もぜひ気をつけて頂きたい病気です。インプラント歯周炎とは文字通りインプラントの周囲に炎症が起こるものなのですが、そのメカニズムとしてはインプラントの周囲に歯垢が蓄積し、細菌を放出することで炎症を起こしてしまいます。
ではどのような原因でインプラント周囲炎を引き起こすのでしょうか。京都の歯医者で実際に見られたケースを元に解説していきます。
まずインプラント周囲炎で最も多いのが磨き残しやセルフケアの不足によるものです。これは虫歯や歯周病と同じことですが、口腔内の歯垢をしっかりと落としきれていなければ細菌がどんどん発生してしまうので、当然インプラントの周囲も炎症を起こしてしまいます。その他にも京都の歯医者では、喫煙が原因と見られるものもあります。喫煙は歯茎周りの血流を悪くし、さらに免疫力も引き下げてしまうので、歯茎やせや感染症のリスクの増大などインプラントにとっては致命的とも言える症状を引き起こすので、クリニックによってはインプラントの治療中の喫煙を禁止しているところもあるほどです。
その他にも京都の歯医者では、糖尿病などの全身疾患が原因となることもあるなど、様々な要因が想定されます。こうしたインプラント周囲炎は中々自分で気づくことは難しいので、京都の歯医者でインプラントの治療を行った方は、定期的に近くのクリニックでメンテナンスを行いながら適切にインプラントの管理を行って下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス