チタンインプラントとは

インプラントの歴史は非常に深いものがありますが、現在ほど一般の方々に広く浸透するようになったのは、チタンインプラントの導入が大きな理由です。京都の歯医者でもインプラントの材料としてチタンが圧倒的に主流のものになっていますが、従来の人工サファイアなどの素材に比べると圧倒的に事故や劣化も少なく、優れた人工歯のシステムを作り上げています。この記事ではこうした京都の歯医者でも使用されているチタンインプラントについてそのメリットと従来のインプラント素材との違いについて見ていきます。

まずチタンインプラントが導入される前のインプラントでは、先程挙げたような人工サファイアなどが使用されていました。インプラントの歴史は古く、あえて遡るのなら紀元3年のヨーロッパに鉄製の人工の歯を埋め込んだ形跡も見られるのですが、京都の歯医者など一般的な歯科治療として導入されたのはごく最近になります。

このように京都の歯医者など日本でも導入が劇的に増える大きなきっかけとなったのがチタンと骨との親和性の発見です。通常人工サファイアであれ金属であれ身体にとっては異物に違いないので、様々な拒否反応が生じます。さらに異物である貴金属は骨と結合しにくいので、しっかりと歯の土台とすることは出来ません。そのため京都の歯医者でも中々インプラントの治療は広まらなかったのですが、1952年にスウエーデンでチタンと骨が非常に親和性が高く、効率的に骨と結合するという事実が明らかになりました。

その後世界中でインプラントの臨床がスタートし、チタン製の土台を骨に埋め込み骨結合を促すという現在にも繋がる技術が誕生しました。こうしたチタン製のインプラントは骨との結合がより早くより強固に行われるので、強い衝撃が加わる歯には非常に好都合なのですが、その他にも感染症のリスクが低いことや丈夫なことなどメリットも多いので、京都の歯医者を含め多くのクリニックで採用されています。

このように京都の歯医者でも厚い信頼を持つチタンインプラントですが、治療の際には事前にデメリットも理解しておく必要があります。チタン自体が高価な金属であるということもありますが、インプラントは自由診療で保険が適用されないため一本当たり10万円以上の治療費が必要になります。その他の入れ歯やブリッジなどの治療に比べても非常に高価な治療費になりますが、咀嚼力の低下が少ないことや見た目上もほぼ健康な歯と遜色のない点などメリットも様々なものがあります。ぜひ京都の歯医者で納得のいくまでカウンセリングを受けて、治療を決定して下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス