インプラントが出来る、適齢年齢とは

インプラントとは、良く知られているようになくしてしまった歯のかわりにアゴに埋め込む歯のことを指します。材質は材質はチタンが使われることが多いです。人工のチタン出てきた歯根を骨に埋め込み、その上に人工歯をかぶせるやり方を取ります。この治療法の最大の特徴は顎の骨にしっかり定着させるため、まるで自分の歯のように使えることであります。歯医者さんの中には「第二の永久歯」と呼ぶ人もいます。固定のところがみそになっていて、天然の歯でも時価行の歯でもそこは考え方は同じです。一般的に、根っこが丈夫な植物ほど大きく育つように、歯も歯根がどっしりとアゴの骨に定着していることが重要です。インプラントの説明を歯医者さんがする時は、ここから始まることが多いです。京都の歯医者さんでインプラントを進めている先生はここが原点ということで歯なされる方が多いです。

具体的には、インプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをするチタンの人工歯根と、歯茎の上から見える本物そっくりの人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3部分で構成されています。この3部分のパーツのうち、人工歯根を顎に固定するのに、いくつかの条件がそろっていることが必要になります。個人差はありますが、20才までは顎の骨が成長を続けている場合があるので、インプラントクリニックの歯医者さんは施術を受けないことが多いです。特に男性の場合は、女性よりも成長期が遅いので25歳以上でないとしませんという歯医者さんもいるくらいです。顎の骨が変わっていく時期に治療を開始すると、歯並びなどに不具合が生じてしまうからです。だから、その場合はとりあえず怪我などで歯を失った場合は、入れ歯や仮歯等の現行治療法で対応することが多くなります。下は20歳以上ですが、上の方は個人差が出て来ます。外科手術に耐えられる良好な健康状態と、顎の骨がしっかりしていること、あるいは骨量がそれなりにあることが必要になります。このあたりのことを満足する年齢となると、だいたい75歳から85歳くらいになるのですね。ここは非常に個人差がありますね。高齢になるとどんな人でも若い時よりは代謝・治癒能力がともに低下するので、昔の自分と比べても治療中や治療後にトラブルが発生しやすくなります。また、服薬中の薬や、過去に既往歴があるケースがあることもあります。それは歯医者さんもはー口の中を見ただけではわかりません。だから、かかりつけの歯医者さんと、時期と費用も含めて相談して進めるのが賢明であるといえるでしょう。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス