上部構造について

インプラント治療では患者様の顎の骨に埋め込むフィクスチャーと呼ばれるインプラント体の他に、上部構造とフィクスチャーを結合する部品のアバットメント、そして外側から見える歯の部分である上部構造の3つのパーツから構成されています。

今回は、歯の見た目と噛みあわせを決めるインプラントのパーツである上部構造について詳しくお話をさせていただきます。

■上部構造の種類について

顎の骨に埋め込むインプラント体であるフィクスチャーに結合部品であるアバットメントを介して結合させる上部構造には様々な素材が使用されています。

上部構造の素材の違いによって、インプラントの使い心地と見た目にも違いが出てきます。

・金属の上部構造の特徴

金属製の上部構造は、見た目が一般的に銀歯と呼ばれているかぶせ物をした時と似たような見た目となります。
見た目はあまり良くない金属製の上部構造ですが、金属なのでセラミックのように割れる心配がほとんどなく、長持ちするのが特徴です。
費用も他の素材の上部構造より比較的安価に抑える事が出来ます。

金属製の上部構造は金属アレルギーをお持ちの患者様には使用は適していません。

■ハイブリッドセラミックスの上部構造の特徴

ハイブリッドセラミックスの上部構造は陶器であるセラミックとレジンと呼ばれるプラスチックを混合した素材で出来ています。
ハイブリッドセラミックスは比較的安価な費用に抑える事が出来ながら見た目も自然の歯に近い見た目をしています。
プラスチックが混合している為、まれに欠ける事もありますが、ハイブリッドセラミックスの上部構造が欠けた場合でも口腔内の処置で修理が可能です。
なお、ハイブリッドセラミックスの上部構造はプラスチックで出来ているので変色しやすいというデメリットがあります。

■メタルボンドの上部構造の特徴

メタルボンドで出来ている上部構造は内側が金属、外側が陶器であるセラミックやポルセリンで構成されています。
陶器が焼き付けられて作られている為、自然の歯に近い見た目を得る事が出来ます。
デメリットとしては、費用が比較的高額になってしまう点がデメリットして挙げられます。

■オールセラミックスの上部構造の特徴

上部構造が全て陶器で出来ているオールセラミックスの特徴は天然の歯に近い見た目となるのが特徴です。
オールセラミックスの為割れやすい事と費用が比較的高額になってしまう事がデメリットと言えます。

■ジルコニアの上部構造の特徴

人工ダイヤモンドであるジルコニアで作られた上部構造は現在もっとも美しい見た目の歯を得る事が出来る点が最大の特徴です。
ジルコニアの上部構造は金属アレルギーの患者様にも適用する事が出来、柔軟性があるので噛みあわせに悪影響を与えにくい事もメリットと言えます。

【インプラント治療のご相談は京都府内の京都の歯医者がおすすめです】

日本全国の歯医者の中でも以前から優れたインプラント治療を行う事で知られているのが京都府内の京都の歯医者です。
京都府内の京都の歯医者では患者様一人一人に合わせたインプラント治療を実施しており、ご予算についても患者様それぞれのご予算に柔軟に対応してくれる歯医者が多い事で有名です。
京都府内の京都の歯医者ではインプラント治療の前に綿密な歯医者と患者様とのカウンセリングを行いますので、インプラント治療を受けるかどうかで悩んでいる方はぜひ京都府内の京都の歯医者に一度インプラント治療の相談をされてみる事をおすすめします。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス