記事一覧

アバットメントとは

インプラント治療で使用するインプラントは大きく分けて3つの部品で構成されています。 患者様の顎の骨に埋め込むフィクスチャーと呼ばれる部品のインプラント体、外側から見える歯の部分にあたる部品の上部構造、そしてインプラント体と上部構造を結合させる連結部分にあたる部品がアバットメントと呼ばれ、これら3つの部品が1つになって初めてインプラントが機能する事となります。 今回はインプラント体と上部構造を結
続きを読む >>

インプラント体について

インプラント治療では、フィクスチャーと呼ばれるインプラント体を患者様の顎の骨の中に埋め込み、インプラント体にアバットメントと呼ばれる連結部分を取り付けた上で最後に外側から見える歯の部分にあたる上部構造を取り付けます。 特に患者様の顎の骨に埋め込むフィクスチャーであるインプラント体は様々な形状があり、効果もそれぞれに違いがあります。 今回はインプラント体についてお話をさせていただきます。 ■イ
続きを読む >>

ノーベルバイオケアについて

現在、インプラント治療で使用されているインプラントは100種類以上の種類があり、それぞれのインプラントによって形状や素材が異なるなどの特徴を持っています。 インプラント治療で使用するインプラントは患者様の顎の骨に埋め込んで使用する物であり、患者様の身体の一部となる大切な部品の一つです。 現在の世界のインプラント治療で使用されているインプラントの中でもっとも大きなシェアを獲得しているのがノーベル
続きを読む >>

インプラントと咬みあわせについて

虫歯や歯周病、不慮の事故などで歯を失ってしまった場合、歯を失ったままにしておくと様々な身体の不調につながるおそれがあります。 歯が無い事で咬みあわせが悪くなり、全身の血流が悪くなってしまったり、食べ物をまともに噛めない事で胃腸などの消化器官系の内臓に負担がかかってしまうなど、様々な悪影響を及ぼす事があります。 歯を失ってしまった場合には、インプラント治療によって咬みあわせを正常な状態に回復する
続きを読む >>

インプラントを長持ちする方法

インプラントの手術は京都の歯医者でも多くの方が行われている一般的なものですが、入れ歯やブリッジとは様々な点で異なります。入れ歯やブリッジは少なからず健康な歯と使用感や見た目など違いが発生しますが、インプラントの場合にはほとんど違和感や見た目上の不具合も起こりにくいので、特に若い女性などにはよく選ばれる手法になっています。そのため京都の歯医者でもインプラントの手術のため通院される方も多いのですが、様
続きを読む >>

一回法と二回法の違い

インプラントは京都の歯医者でも比較的よく選択される治療方法で、その歴史も長く多くの施術実績があります。そのため京都の歯医者では新たな技法や素材など毎年のように技術が進歩していますが、一回法と二回法を選択出来るようになった点も技術革新の恩恵の一つであると言えます。京都の歯医者でも事前のカウンセリングにおいて、医師から一回法と二回法の説明を受けることがあるかも知れませせんが、ここでは両者の違いについて
続きを読む >>

ジルコニアアバットメントとは

歯医者でのインプラント治療においては、アバットメントは患者様の顎の骨に埋め込むフィクスチャーと呼ばれるインプラント体と外側から見える歯の部分である上部構造を連結させる役割を持つ部品として使用されます。 アバットメントはインプラントを連結させる機能だけではなく、歯の部分となる上部構造から伝わる衝撃を受け止めるクッションとしての役割や、歯の咬みあわせなどにも関係してくる重要な部品の一つです。 通常
続きを読む >>

スプリットキャストとは

インプラント治療で患者様の顎の骨にインプラントを埋め込むインプラント手術を行う際に、患者様の顎の骨の骨量や顎の骨の厚みが足りない事が原因でインプラント手術をそのままでは行う事が出来ないケースがあります。 そのようなケースでは顎の骨の幅を増やすGBR法と呼ばれる骨造成法の他に、細くなってしまった顎の骨を特殊な器具でゆっくりと広げてゆく「スプリットキャスト」と呼ばれる治療法を行ってインプラント手術を
続きを読む >>

インプラントと喫煙の関係

インプラントは入れ歯やブリッジとは根本的に異なる外科的なアプローチを行い、健康な歯に近い形で見た目や機能面を回復させることが可能なので、京都の歯医者でもよく選択される治療です。しかし、インプラントの治療に際しては骨にインプラントの土台を埋め込み、チタンと骨の結合を待つというかなり高度な医療技術と繊細なケアが必要になります。そのため治療中や治療後には感染症のリスクや手術そのものの失敗など様々なケース
続きを読む >>

リッジエキスパンダーとは

インプラントの治療は京都の歯医者でも比較的若い方から高齢者まで幅広く適用されていますが、術後も健康な歯とほぼ遜色なく生活が可能なので、入れ歯やブリッジなど従来の方法よりも優れた点の多い施術方法であると言えます。また機能面だけでなく、見た目も入れ歯やブリッジなどのように違和感を生まない構造になっている事も、京都の歯医者でよく選択される理由の一つとなっています。しかし、京都の歯医者で選択されるインプラ
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス