インプラント治療の歴史

現在主流となっているチタン製の歯科インプラントの始まり

チタンと骨の結合の発見

インプラント治療が誕生したのは、偶然によるものでした。1952年にスウェーデン人のブローネマルク教 授は、ある研究でウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだ実験を行っていました。研究終了後、埋め込んだ チタンを取ろうとしたところ、骨としっかりと結合し、取り出すことができませんでした。この現象からブ ローネマルク教授は、研究を進め、骨とチタンの結合が無害であることを発見しました。

人間への応用

多くの研究を経て、1965年チタン製インプラント体を用いて、人間への実験がスタートしました。1980年 ごろには、インプラント治療の評価が広まりました。以降、失った歯を補う方法の一つとして、世界中の歯 科治療で取り入れられています。 インプラントは新しい治療と考えられる方も多いようですが、インプラント治療自体もだけでも50年近くの 歴史と実績があり、確立された歯科治療法です。現在では、国内外のメーカーが改良を加えており、信頼性 の高いインプラントシステムがいくつもあります。お悩みの方はまずは一度ご相談下さい。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス