インプラントの使用期間について

歯を失った際、できればご自身の特徴に合わせた治療を受けたいものです。ここでは、インプラント治療に おける使用期間や治療後の注意点などをご紹介させていただきます。

ここでは、それぞれの治療で、どういった場合に使えなくなるのか、長期的に使うためのポイントについて ご紹介します。

インプラントの場合

1. 埋めたインプラントの故障

インプラント周囲炎の拡大、インプラントが壊れてしまった

 

2. アバットメントやかぶせ物の故障

連結しているネジが壊れてしまった、かぶせ物が壊れた

 

寿命(使用期間)について 

インプラントの場合、患者様の状態にもよりますが、適切な治療やメインテナンス・日々のケア次第で、10 年以上使い続けることができるといわれています。

定期的な通院でのプロケア

インプラント治療が一段落した後は、ほとんどの方が、定期的な検診でお口の状態を確認してもらいます。 いわゆるメンテナンスです。虫歯などの一般治療に比べて、インプラント治療後は、このメンテンスが最も 重要な項目になります。これを怠うと虫歯や歯周病によるトラブルが起きやすくなってしまいます。決めら れた定期検診は必ず受けるようにしましょう。

ブラッシングの改善 ホームケア

適切な治療を受けたとしても、日々磨き残しの多いブラッシングを行っていると、口腔内はやがて乱れてい きます。その状態が続くと続けていると、トラブルが起こりやすくなります。

異変を感じたらすぐ通院

お口の中に不具合を感じたときは、放っておかずに、できるだけ早く歯科医院へ連絡して状態を伝えましょ う。

インプラント無料相談 0120-118-284 まずは、お気軽にお電話でご相談ください

日本口腔インプラント学会 専門医、国際インプラント学会  指導医が在籍しています

皆さまの笑顔と健康をお守りするプロフェッショナルチーム

スタッフ紹介

お知らせ

2015.05.26
社内研修
2015.05.26
学会活動報告

京都グリーンインプラントセンター

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル2階

休診日/金・日 ▲ 土曜 午前9:00?13:30

診察・相談のご予約 0120-118-284四条駅から徒歩1分 アクセス